正信偈について

 

Q 『正信偈』の正信とはどんな意味ですか?

A 「正信」とは正しい信心のことです。
 信心とは心で何かを信じることですが、神や仏を信じるだけが信心ではありません。心で何かを支えとし、頼りにしているのは、皆、信心です。
「何も信じていない」という人も、そんな自分の信念を支えにしているでしょう。人は何かを信じなければ生きてはいけません。生きるということはイコール信じることなのです。
 でも、私たちは、信じていたものに裏切られた時、悲しみ苦しみます。
 本当の幸せになりたければ、決して裏切られない正しい信心を持ちなさいよと、正信心一つを親鸞聖人が明らかにされているのが『正信偈』です。

Q 『正信偈』には何が書かれていますか?

A 冒頭に「帰命無量寿如来、南無不可思議光」 ”親鸞は弥陀に救われたぞ、親鸞は弥陀に助けられたぞ” と阿弥陀仏に救い摂られたことを2度叫ばれています。
正信偈

 同じことの繰り返しで、無限の喜びを表された聖人は最後、「道俗時衆共同心、唯可信斯高僧説」と締めくくられています。
 これは、「皆の人よ、ともに親鸞と同じ心になってくれよ。それには、ただ、この高僧の説を信じる一つだよ」とおっしゃたお言葉で、高僧とは聖人が尊敬しておられる七高僧(*)のことです。
 自らハッキリ救われた(自信)から、人に伝えずにおれない(教人信)。
『正信偈』の120行はこの4行におさまるのです。


(*)七高僧……阿弥陀仏の本願を正しく伝えられた、インド・中国・日本の7人の高僧のこと。

龍樹菩薩・天親菩薩 …… インド
曇鸞大師・道綽禅師・善導大師 …… 中国
源信僧都・法然上人 …… 日本
  の7人をいう。


☆各地の講座(法話)で、詳しく学ぶことができます。ぜひご参詣ください。 >>>法話日程の案内へ


このページのトップ

浄土真宗親鸞会 広島県|トップ